【駒込喫茶店】『珈琲専門店東城』渋い雰囲気が最高!地元に愛される街の喫茶店

スポンサーリンク
駒込珈琲専門店東城 田端・駒込・巣鴨・大塚エリア

第36回 駒込喫茶店『珈琲専門店東城』

 

~渋い雰囲気が最高!地元に愛される街の喫茶店~

【駒込喫茶店】珈琲専門店東城

駒込東城の外観の様子

今回は駒込にある珈琲専門店東城についてお店の様子や場所、メニューなど紹介します。

 

「東城」はこんなお店

  • サイフォンコーヒー
  • 全席禁煙
  • 街にに根付く小さな喫茶店
  • 渋い雰囲気で落ち着く店

 

駒込というと六義園が有名でしょう。

六義園とは徳川5代将軍綱吉の側近であった柳沢吉保が下屋敷として作らせた大名庭園。

柳沢吉保自らも設計などに加わり、7年もの時間をかけて作った江戸の2代名園に数えられる庭園でした。

明治初期までは整備されず、荒れてしまっていました。そんなときに三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎が購入し整備を行いその後の1938年に東京都へ寄贈され、現在に至ります。

なお2020年12月現在新型コロナウイルス感染症対策のために六義園は事前予約制となっていますので、残念ながら今は気軽に入園することができません。

そんな六義園の東側本郷通り沿いにあるのが珈琲専門店東城です。

珈琲専門店東城

 

渋くいい雰囲気で落ち着く店内

東城は非常に小さなお店です。小さなカウンター席数席とテーブル席のみでこじんまりとした風景。

しかしそんな中でもサイフォンが主張するように客が一番目の付くところへ置かれ惹かれます。

年期の入った暗めのお店は非常に落ち着きと風格を持っています。

 

 

ほのかに柑橘系の酸味を感じマイルドな苦味「ブレンド」

ブレンド

カップはナルミのプラスセラム。シンプルでおしゃれなカップです。

バランスの取れたブレンドは、マイルドな苦味とほのかに香る柑橘系の酸味が心地よく、万人に受けるコーヒーです。

非常に飲みやすく店の雰囲気に浸りながらいただくことができます。

ブレンド

 

豊潤な酸味が心地よい「キリマンジャロ」

キリマンジャロ

カップはなぜか昔のキーコーヒーオリジナルトアルコトラジャカップ。

タンザニアの最高品質豆であるキリマンジャロ。豊潤な酸味が美しく、心地よいです。

キリマンジャロ

 

季節を感じ甘さ控えめで珈琲のお供をしっかり務めてくれる「栗のバームクーヘン」

バームクーヘン

今の季節にぴったりな栗のバームクーヘン。

一口食べれば、栗の香りが口に広がり幸せ。甘さ控えめで上品。コーヒーのお供をしっかりと務めてくれます。

お皿はウェッジウッドのフロレンティーン ターコイズで出てきました。

バームクーヘンとコーヒー

 

駒込「珈琲専門店東城」さかうぇいの感想

六義園を見た後などにふらっと寄りたくなりますね。

小さなお店ですが年期と風格を感じ、温かい雰囲気でお客さんを迎え入れてくれるいいお店です。

サイフォンで淹れられたおいしいコーヒーを飲みながら、しばし雰囲気に浸っていたくなるお店東城でした。

 

駒込「珈琲専門店東城」お店について

お店の様子、またメニューや商品についての掲載を承諾していただいております。

ご協力ありがとうございました!!

「珈琲専門店東城」お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください!!

 

珈琲専門店東城

駒込駅東口から徒歩約5分

東京都文京区本駒込6-15-18

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Twitter、インスタでも投稿しています。お気軽にフォローしてください!

またさかうぇいと一緒に巡りたいという方。お友達も大募集してます!!

SNSコメント欄ではあなたのおすすめのお店を教えていただけるとさかうぇいがお邪魔して投稿します。たくさんのコメントお待ちしております。

ご意見、ご要望、アドバイス大歓迎です。コメントいただけると励みになります。よろしくお願いします。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました