『喫茶ロマン』昭和の学生気分を味わいながら楽しめるノスタルジー喫茶店|高田馬場喫茶店

スポンサーリンク
高田馬場ロマン 池袋・目白・高田馬場・新大久保エリア

学生の街高田馬場。駅からすぐのビルにノスタルジックな喫茶店があります。

今回は高田馬場の喫茶店「喫茶ロマン」について紹介します。

喫茶ロマンはこんなお店

 

  • 高田馬場駅から徒歩1分のビル2階にある純喫茶
  • CMの撮影やドラマの撮影などがよく行われる
  • 全席喫煙可能
  • ノスタルジーな雰囲気で昭和を感じる店

 

【高田馬場喫茶店】ロマン

ロマン入口

高田馬場は早稲田大学を筆頭とし複数の大学、専門学校などが周辺に点在することから学生が集まる学生の街としてにぎわいます。

そんな学生の街はコストパフォーマンスが高いボリュームが魅力的な飲食店などが多数あります。そのほかにも喫茶店が多く存在するのも学生の街の特徴ですね。

昔ながらの喫茶店という雰囲気がするロマンは学生たちの憩いの場。

かつての学生たちは放課後や授業の空き時間を利用しては喫茶店に行くことがマストでした、しかし最近の大学生はシアトル系のチェーンコーヒーショップやおしゃれなカフェが人気ですね。

でも実はここ高田馬場ではロマンのような純喫茶も、根強く人気が高く常に賑わうお店の一つなのです。

ノスタルジックで温かみと落ち着きを持った喫茶ロマンの店内

ロマン店内の様子

階段を登って2階に上がればいかにも純喫茶らしいというメニューが並んだショーケースが目に入ります。

ワクワクしながら店内に入れば、このお店どこかで見たことあるような気がする!

というような不思議な感覚になることでしょう。

それもそのはず、たくさんのCMやドラマのロケなどにも使用されているお店ですので、テレビなどでも度々登場

更には絵に描いたような昔ながらの喫茶店なので、1度も来たことがない人でも、お店を懐かしく感じてしまいそうです。

 

喫茶ロマンのメニューはコストパフォーマンスの高さとボリュームの両立!

ロマンの看板

学生が多いこの街だからこその、コストパフォーマンスの高さ。そしてボリューム感がすごい品がたくさん!

懐かしい雰囲気に浸りながら学生気分にかえり楽しめます。

喫茶ロマンの苦味がしっかり昔ながらの喫茶店の「ブレンドコーヒー」

ブレンドコーヒー

昔ながらの純喫茶のコーヒーそのもの。

しっかりとした苦味を感じシャキッとしたいときに飲みたくなるコーヒーです。

ブレンドコーヒー

純喫茶の定番メニュー!喫茶ロマンの「ホットケーキ」

ホットケーキ

喫茶店のアイドル的存在のホットケーキ。

綺麗に焼かれた甘くて幸せ感たっぷりのホットケーキを食べながら、ロマンでのひと時を楽しみましょう

他にも学生街らしいボリューム感たっぷりのランチメニューなどおすすめのフードメニューも多彩なお店です。

コーヒーとホットケーキ

 

高田馬場「喫茶ロマン」さかうぇいの感想

喫茶店はひとくくりにしてしまえばすべて同じ、コーヒーや紅茶などの飲料や軽食類を提供する大衆的なお店です。

しかしそれぞれのお店の場所や土地柄、客層、などにより独自の進化が絶えず続き、それぞれに独自性や独創的なお店に仕上がっていくように感じます。

沢山のお店があって、それらすべてがみんな違ってみんないいというのもここに原因がありますね。

多くのお店を巡れば喫茶店に入るだけで、その町がどんな街で、どんなお客さんが多くて、どんな方に愛されるお店なのかというのもわかってしまうかもしれません

これが喫茶店巡りに取りつかれて辞められない一つの理由のようにも感じます。

皆さんもそれぞれのお店があるからこそ、それぞれの楽しみ方で喫茶店を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

高田馬場「喫茶ロマン」について

ロマン

高田馬場駅から徒歩約1分

東京都新宿区高田馬場2-18-11

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Twitter、インスタでも投稿しています。お気軽にフォローしてください!

またさかうぇいと一緒に巡りたいという方。お友達も大募集しています!!

SNSコメント欄ではあなたのおすすめのお店を教えていただけるとさかうぇいがお邪魔して投稿します。たくさんのコメントお待ちしております。

ご意見、ご要望、アドバイス大歓迎です。コメントいただけると励みになります。よろしくお願いします。

取材は2020年9月30日に行ったものです

この投稿は掲載許可を頂いておりません、数々の書籍に掲載がある点、他のブロガー様やサイト様の掲載が多くありSNSなどにも多くの方が投稿していた点などを考慮して掲載しております。

ご意見等ございます場合はお手数ですがコメント欄、問い合わせフォームもしくは各種SNSのダイレクトメールからお知らせください


コメント

タイトルとURLをコピーしました